どうぶつのもりがヒットした理由

どうぶつのもり大好きです。

Yahoo!知恵袋でも、妻がどうぶつのもりから帰ってこないとかいう質問が一時期騒がれてましたね。
それくらいどうぶつのもりはハマります。

ただ、アプリ版のどうぶつのもりは賛否両論別れたようですね。
肯定派は、どうぶつのもりの雰囲気がアプリで楽しめることに満足しました。
僕もどうぶつのもりのほっこり感がちょっとした時間に楽しめるのは大いに賛成です。

否定派は、ただどうぶつ達のお願いを聞くだけで楽しくない。
どうぶつにパシらされているという意見が多いです。

これはどうぶつのもりにゲーム性を求めすぎなんですよね。
とくにアプリから入った人はどうぶつのもりの楽しみ方を理解していないでしょう。

どうぶつのもりは雰囲気ゲーです。
ほっこりした感じを楽しんで欲しかったです。

もちろん、アプリ版でなければどうぶつのもりもゲーム性はあります。
でも、やっぱりどうぶつのもりの雰囲気が一番のウリでしょう。
ゲーム性を求めるなら、正直もっと面白いゲームは沢山あります。

どうぶつのもりとコミュニケーション

どうぶつの森は雰囲気ゲーだけではなく、疑似コミュニケーションの場としても考えられます。
職場では話したくない人と話さなければいけないこともあります。
コミュニケーションなんて面倒と思うこともあります。

でも、どうぶつのもりでは緩い会話でコミュニケーションしてればいいのです。
責任もコミットも関係ないコミュニケーションに癒される人は僕以外にもいるはず。

SOHOや在宅ワークで普段コミュニケーションを取らない人にもどうぶつのもりはおすすめです。
ゲームとあなどらないでください。
寂しさがかなり緩和されるはずです。

僕はどうぶつのもりにハマり過ぎて人とのコミュニケーションを忘れるところでしたw
このままではマズイと思い、リアルなコミュニケーションを求めました。
欲を言えば、ゲーム好きな彼女だと嬉しい。

恋愛ストラテジーでは、マッチングアプリを中心にデータをもとに恋人の作り方を指南しています。
とても参考になりました。まるで、ゲームを攻略するかのように恋人作りに励めたのがよかったです。

え?結果ですか?
土日は彼女と一緒にどうぶつのもりを楽しんでいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ